Entry Post

2018年最新!医療保険が直面する問題・・・

Commenting is disabled.

Post Content

2018年医療保険が直面する問題は、後期高齢者題についてですが、年間医療費は平均の3倍になっています。2025年に日本の国民皆保険制度は大きな転換点を迎えます。この年には、日本の人口動熊中の最大集団である団塊の世代の全員が75歳以上になります。
後期高齢者となるのです。国民皆保険の持続可能性の観点からみて2025年問題でありこの問題に対してどのように対応するかとなっています。
公的医療保険では、75歳に後期高齢者医療制度に加入する、後期高齢者の1人当たりの年間医療費は約92万円で国民平均の約3倍となっています。75歳~79歳の一人当たりの年間医療費だけ見ても約78万円と国民の平均の2.6倍となっています。
また、公的介護保険では、要介護認定が75歳頃から上がり始めて、その結果、医療費や介護費用は急増します。厚生労働省の推計によると医療給付費は増加すると言われています。
国民医療費の増加を抑制する為には、国民一人ひとりが若い頃から健康づくりに取り組む必要があり、定期的に検診やがん検診などを受診して、すぐに対応する事が出来るという環境にする事で、重症化の予防ができます。
そうすることにより、高齢になっても元気で介護費用の増加も抑制する事が出来て、国、保険者、医療機関、企業等は研究などを行って参考にして国民全体の予防の取り組みのきっかけとなる仕組みを作っていく必要があると言われています。
今の時代は、高齢化社会となっていることは間違いありませんし、保育園の待機児童が多いという中で、老人施設などにおいても入居が出来る待機している人が多く、それに伴うヘルパーさんなども不足している状態となっています。


これからますますそのような状態になってしまうということは理解出来ますが、実際に子供が少ない時代となり、高齢者が多くなることにより、医療保険などが賄えなくなってしまうという事を実際になくすための取り組みは何よりも早めに行っていく必要があります。
時代の変化により、昔は、50代でなくなる人が多かった時代でしたが今の時代は、75歳でも現役という人も多くなっているなかで課題はどんどん深刻な問題になっていくということは間違いないと思います。

Comments

Commenting is disabled.

There are no comments.